So-net無料ブログ作成

期待値1%のシステム [システムトレード]

5月7日のコラムで、期待値が1%のシステムを毎日運用した時に、年利1,000%(資産10倍以上)を達成するのは難しいと述べました。
もちろん、計算上は1.01^250=12.03ですから、毎日確実に1%ずつの利益を上げることができるシステムであれば、複利運用によって資産を10倍以上に増やすことは可能です。

しかし、実際のシステムで、しかも毎日売買するシステムにおいて、勝率100%はあり得ませんから、現実には12倍を超えない値に落ち着くはずです。
今日は、それがどれくらいになるのかを、具体的に計算してみます。

まず最初に期待値の定義ですが、勝率をp、平均利益率をx、平均損失率をy(yは正の値とします)とした時、期待値eは次式で表されます。

 e=x*p-y*(1-p)   (1)

また、簡単のため1年の立会日を250日とした時、複利運用で毎日運用した場合の資産増減倍率cは、次式で表されます。

 c=(1+x)^(250*p)*(1-y)^(250*(1-p))   (2)

ただし、pおよびx、yは小数表記とします。

先日の例で述べた勝率100%、期待値1%のシステムの場合は、x=0.01、y=0、p=1ですから、(1)式より確かにe=0.01=1%、(2)式よりc=1.01^250=12.03となることが分かります。

今、勝率を30%、50%、70%、90%とし、各勝率毎に平均利益率が3%、5%、10%の場合を計算します。
まず、(1)式においてe=0.01(=1%)となるように、各条件におけるyの値を求めます。続いて、pとxとyの値を(2)式に代入して、資産増減倍率cを計算します。

以下に結果を示します。

1.勝率30%
  A.平均利益率3%⇒平均損失率および資産増減倍率算出不可
  B.平均利益率5%⇒平均損失率0.71%、資産増減倍率11.16倍
  C.平均利益率10%⇒平均損失率2.86%、資産増減倍率7.93倍

2.勝率50%
  A.平均利益率3%⇒平均損失率1.00%、資産増減倍率11.46倍
  B.平均利益率5%⇒平均損失率3.00%、資産増減倍率9.89倍
  C.平均利益率10%⇒平均損失率8.00%、資産増減倍率4.44倍

3.勝率70%
  A.平均利益率3%⇒平均損失率3.67%、資産増減倍率10.68倍
  B.平均利益率5%⇒平均損失率8.33%、資産増減倍率7.50倍
  C.平均利益率10%⇒平均損失率20.00%、資産増減倍率0.95倍

4.勝率90%
  A.平均利益率3%⇒平均損失率17.00%、資産増減倍率7.33倍
  B.平均利益率5%⇒平均損失率35.00%、資産増減倍率1.23倍
  C.平均利益率10%⇒平均損失率80.00%、資産増減倍率0.00倍

ちょっと意外な結果となりましたね。勝率が高いシステムの方が良さそうに思っていましたが、結果は全く異なるものとなってしまいました。
勝率が高い割りに期待値が小さいシステムの場合は、平均損失率が極めて大きくなってしまい、その結果、資産があまり増えないわけです。

勝率がやたらと高いのに期待値が小さいシステムは、要注意ということです。
条件2Bのように、勝率50%、平均利益率5%、平均損失率3%の辺りが、バランスの取れた現実的なシステムということになりそうです。

もっとも、以上の結果は期待値を1%に限定した場合ですので、それ以外の期待値では、また異なった結果になります。
計算方法は全く同じですので、興味のある方は試してみてください。

なお、ここでは毎日売買する場合を計算しましたが、そうでない場合は、(2)式において250の箇所を年間平均売買数に置き換えればOKです。
ただし、ここで言う年間平均売買数とは、資金の回転数のことです。一度に何銘柄を仕掛けようが、カウントは1回ですのでご注意ください。

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 1

Kフロー

すみません。思いっきり転記ミスをしていました。
平均利益率との関係を、3%と10%とで逆に記していました。

赤字修正いたしましたので、ご確認ください。

by Kフロー (2009-05-13 09:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。