So-net無料ブログ作成

不思議なことがあるもんです [雑感]

昨夜、無くしたはずの嫁の携帯が見つかりました。あったのは、一度探してもらったはずの行きつけ(と言いましても1年以上のご無沙汰でしたが)のスナック。
無くした当日、嫁がそこでバッグを落としたらしいのですが、その時には携帯が無くなったことに気が付かず、丸1日近く経ってから初めて携帯が無いことが判明しました。

その日はスナックは休みでしたので、翌営業日の開店前に電話をし、探してもらうように頼んだわけです。
その際、嫁が店でバッグを落としたことを初めて聞いたのですが、その時は携帯が落ちた形跡はなかったとのことでした。

当然、その店で無くした可能性が最も高いと思っていたのですが、よく探したけれど見当たらなかった、という連絡をその後もらいました。
それ以上突っ込んで聞くこともできず、結局その翌日にドコモショップで紛失手続きを行なったわけです。

それが、昨夜突然電話があり、それらしい携帯が見つかったとのこと。店はカウンターのみの小さなスナックで、10日近くも見つからなかったことが不思議なのですが、話を聞くとどうやら椅子の座面裏の隙間に挟まっていたようです。

前日飲みに来た客が、酔っ払って椅子ごとひっくり返った際に、椅子から携帯が飛び出してきたとのことでした。
電池が切れていたため、充電してアドレスを確認したところ、嫁の名前が表示されたので、急いで電話したということです。

直ぐに店に確認しに行ったところ、確かに嫁の携帯でした。結果的に、8千円の交換手数料がもったいなかった、ということになりますが、まあ、ほんの少し新しい携帯に代わったということで、良しとすべきでしょう。

これまで携帯カメラで撮影した写真も無事戻りましたし、その中の嫁お気に入りの写真も、新しい携帯の壁紙に収まりました。
また、電池カバーに貼っていたお気に入りのシールも、カバーの交換で元に戻りました。

今日、警察に電話して紛失届を取り下げると共に、見つかった携帯をドコモの保険会社あてに返送しました。
これでこの一件は一段落です。心配していたデータの流出もなく、ホッとしました。

それにしても、椅子の裏側に入り込むなんて、何という偶然でしょう。確率的には非常に小さいものと思われます。
何度も無くした携帯に電話したのですが、電波届かないか電源が入っていないというアナウンスが流れるのみでした。

その店自体は道路に面していて、電波の通りも悪くないですし、携帯の電池も1~2日で切れるような状態ではなかったと思います。
恐らくは、椅子の構造材(金属)に挟まれた状態だったため、電波がそれに吸収されて携帯に届かなかったのでしょう。

そう考えると、偶然に偶然が重なった紛失劇だったことが分かります。さすがに椅子の裏まで見ることはないでしょうし、そもそもそんなところに携帯が入り込むスペースがあるなんて、想像すらしていませんでした。

そんなピンポイントの場所に、バッグからこぼれ落ちた携帯がどこかに跳ね返って、滑り込んだわけです。
本当に、不思議なことがあるもんです。この強運(?)でLOTO6でも当たらないかと思いましたが、案の定さっぱりでした。もっとも、これは嫁の運ですね。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。