So-net無料ブログ作成
検索選択

今週の投資成績(07/16~07/19) [投資日記]

今週の投資成績を以下に示します。成績には金利・手数料は含まず、保有中の場合は直近終値基準の評価損益率を表します。
また、これはシステム運用の場合のみであり、裁量トレードは含みません。

  銘柄         システム    売買   トレード期間        損益率
 7201日産自動車  順張正逆合成 売建  13/07/01~13/07/17   -7.09%
 7201日産自動車  順張正逆合成 CP   13/07/17~保有中     ±0.00%

日産売建ては、ようやく手仕舞いとなりました。当日寄付きが大きく下げてくれたおかげで、損失は何とか7%ほどで済みました。しかし、直近利益を完全に吐き出してしまいました。
週末時点で今度は買シグナルが点灯したため、月曜日の寄付きで買建てとなりますが、はたして今度はどうなることでしょう。

今週はヘッジとデイトレが比較的うまく行き、何とか資産残高を増やすことができました。ただ、年初来収支のプラ転には至っていません。
それでも、完全に高値掴みをしてしまった割には、何とか順調に戻してきています。ワンチャンスで評価益に転じる水準まで回復しました。

大証現物株の東証併合の影響については、とりあえず軽微で済みました。株価更新シートの銘柄コード修正だけで対応しましたが、特に初日に大量のデータ再取得が行われた以外は、目立った不具合はありませんでした。

本来ならば、事前に重複銘柄を除外しておくべきだったんでしょうが、ちょっと手が回らずに放っておいたら、かえって余計な時間を食ってしまいました。
それでもまあ、週末時点では、だいぶ落ち着いてきています。今後、暇を見て重複銘柄の除外作業を行なうつもりです。

今週の日経平均株価は、木曜日に14,800円台に乗せましたが、翌金曜日は200円以上の下落となり、週末には14,500円台に逆戻りとなりました。
株価は先週末比0.58%の続伸となり、昨年末比では40.35%のプラスまで回復しました。

株価は参院選後を睨んで順調に上昇してきたように見えましたが、週末に大きく下落しました。ただ、これは週明けに大きく上げるための、意図的な下げではないかと考えます。
過去においても、大上昇の直前には不可解な下げが見られることが、少なからずあったように思います。

続いて、以下に7月19日基準日のトレンドラインとチャネルライン、そして日経平均の平均保有株価を示します。
Trend1001_C49a.png
Channel1001_C49a.png
avem1001_C32a.png
今週は、新たなトレンドの発生や消滅はありませんでした。上昇トレンドは勢力を拡大し、下降トレンドは縮小しています。特に、下降トレンド9の低迷が際立ちます。
各トレンドの安定指数は、トレンド1が5.36、トレンド7が5.22、トレンド8が1.77、そしてトレンド9が0.40となっています。

このまま上昇トレンド1の勢力が衰えなければ、7月末から8月上旬にかけて、再び16,000円台回復が見えてきます。
ただし、万が一ねじれ国会が解消されない事態に陥った場合、株価は12,000円台まで急落する可能性を孕んでいます。

平均保有株価で見ると、日経平均株価は上昇トレンドを継続すると共に、主だった市場参加者は引き続き、総じて平均的に評価益を拡大しています。
株価とVWAP9の差が拡大していることから、大きな負の材料でも生じない限り、この上昇傾向はまだ続くものと思われます。

最後に、とりあえずの判断の目安として、主なトレンドラインおよびチャネルラインの、来週月曜日と金曜日における値を以下に記します。
併せて、各平均保有株価の現時点における値を記します。

 上昇チャネル1:15,413円⇒15,777円
 上昇チャネル7:16,259円⇒16,396円
 下降トレンド8:12,502円⇒12,485円
 下降トレンド9:15,234円⇒15,186円

 上昇トレンド1:14,531円⇒14,895円
 上昇トレンド7:13,751円⇒13,889円
 下降チャネル9:12,068円⇒12,020円

 長期平均保有株価:12,815円
 中期平均保有株価:13,446円
 短期平均保有株価:13,985円

 VWAP1:13,736円
 VWAP7:12,197円
 VWAP8:11,916円
 VWAP9:14,104円

いよいよ参院選の投開票日となりました。読売新聞特別編集委員の橋本五郎氏も紙面で述べているように、今回の争点は、何を置いても「ねじれ国会の解消」がなるかどうかです。
これなくして、アベノミクスは力を発揮できません。そうすれば、アベノミクスを前提にした企業業績も、総崩れになってしまうでしょう。

大切なことは人それぞれ、いろいろあります。ただ、何を行なうにせよ、まずは経済再生が軌道に乗らないことには始まりません。
今まで何度か、軌道に乗りかけたところで脱線させられてきました。今度こそは、脱線させてはなりません。

私は取り敢えずあと3年、次回総選挙までは、アベノミクスの成果を見守るべきだと考えます。何もしないで不安を声に出しているだけでは、今までと同じです。
それで日本経済が一向に立ち直ることができなかったことは、過去を見れば明らかです。今までと同じことをしていたのでは、何も変わらないのです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。