So-net無料ブログ作成

今週の投資成績(08/05~08/09) [投資日記]

今週は墓参りや引越・リフォーム準備、ネットワーク障害等あって時間が取れなかったため、簡単に結果のみを記します。

今週の投資成績を以下に示します。成績には金利・手数料は含まず、保有中の場合は直近終値基準の評価損益率を表します。
また、これはシステム運用の場合のみであり、裁量トレードは含みません。

  銘柄         システム    売買   トレード期間        損益率
 7201日産自動車  順張正逆合成 CP   13/08/02~保有中     ±0.00%

日産正逆合成システムはキャッシュポジション継続です。現物株は再び評価損が10%を超え、ヘッジやデイトレも散々な結果でした。

今週の日経平均株価は、先週末比5.88%の大幅反落となり、昨年末比では30.98%のプラスまで大きく後退しました。

続いて、以下に8月9日基準日のトレンドラインとチャネルライン、そして日経平均の平均保有株価を示します。
Trend1001_C52a.png
Channel1001_C52a.png
avem1001_C35a.png
今週は、直近に新たな下降トレンド6が発生しました。各トレンドの安定指数は、トレンド1が1.57、トレンド7が5.07、トレンド8が1.68、トレンド9が0.17、そしてトレンド6が1.68となっています。
株価は上昇トレンド7をわずかに下抜け、上昇トレンド1の水準まで下落しています。

平均保有株価で見ると、株価は中期平均保有株価の水準まで下落しました。今後、終値でこの水準を大きく割り込むようだと、上昇トレンド継続に赤信号が灯ることになります。

最後に、とりあえずの判断の目安として、主なトレンドラインおよびチャネルラインの、来週月曜日と金曜日における値を以下に記します。
併せて、各平均保有株価の現時点における値を記します。

 上昇チャネル1:15,588円⇒15,720円
 上昇チャネル7:16,526円⇒16,653円
 下降トレンド6:14,284円⇒14,032円
 下降トレンド8:12,745円⇒12,729円
 下降トレンド9:15,358円⇒15,344円

 上昇トレンド1:13,602円⇒13,735円
 上昇トレンド7:13,872円⇒14,000円
 下降チャネル6:13,008円⇒12,755円
 下降チャネル9:12,417円⇒12,403円

 長期平均保有株価:12,988円
 中期平均保有株価:13,583円
 短期平均保有株価:14,035円

 VWAP1:13,737円
 VWAP6:14,216円
 VWAP7:12,266円
 VWAP8:11,936円
 VWAP9:14,109円

先日、IOデータ製WebカメラTS-WLCAMのファームウェアをVer1.03に更新したところ、ネットワーク障害が発生するようになりました。
最初は原因が分からず、ルータなどをリセットしたりしたのですが駄目で、TS-WLCAMの電源を切ったところ回復しました。

金曜日になってIOデータのサイトを見ると、ファームウェアの更新に失敗する場合があるため更新を停止中とありました。
でも現実は、ネットワーク障害をもたらす悪質な症状です。ファームウェアを更新してしまった人に対し、直ちに使用を中止するよう呼びかけるべきでしょう。

更に、早急に旧バージョンのファームウェアを公開し、バージョンダウンさせなければなりません。悠長に盆休みなどを取っている場合ではありません。
実際、私の環境ではひかり電話にも障害が発生して、外部からの電話が一時不通になっていたことを、後に取引先から聞かされゾッとしました。


[8月13日追記]

TS-WLCAMによるネットワーク障害の件について、日曜日の夜にIOデータにメールで問い合わせたところ、翌月曜日の14時過ぎにサポートセンターから直接電話がありました。
具体的な症状やネットワーク構成、パソコン種別などを説明しましたが、何せ機器が多くネットワークも複雑化しているため、言葉ではなかなか説明しきれません。

どうも先方は、ネットワークやパソコン設定に原因があるのではないかと考えていたようですが、問題の機器をファームアップするまでは問題なかったこと、それをネットワークにつなぐと障害(光ルータが赤点滅、光電話不通、XpパソコンでIPアドレス競合エラー表示、など)が発生し、切り離すと正常に戻ることを伝えました。

また、当該機種は2台保有しており、いずれか1台のみをつないでも同様の症状が発生すること、1台もつながなければ障害は発生しないことを伝えました。
普通に考えれば、当該機種に不具合があるのは明らかであり、前後の状況を考えると、ファームウェアVer1.03に問題があるとするのが妥当です。

事実、IOデータでは同ファームウェアの公開を停止しており、何らかの不具合があることは明らかです。
結局、最終確認手段として、電話で話しながらTS-WLCAMを有線で光ルータに直接接続し、状況を見ることになりました。

その結果、電話は途切れ、ルータは赤点滅を繰り返し、私が最初に報告した症状が再現されました。
電話を切ってLANケーブルを外すと、ルータは正常に戻り、すぐにIOデータから電話が掛かってきて、ようやく納得してもらえました。

当該製品は2台ともユーズド品で、本来であれば無償修理対象外なのですが、障害を発生させた原因は、不具合のあるファームウェアを公開したIOデータ側にあるため、当然ですが無償修理ということになりました。

最初は修理品の発送は元払いで、と言われたのですが、こちらには一切非がないのに余計な費用を払わされるのはおかしい(それでなくてもネットワーク障害のために3日間も対応に追われている)、ということで、着払いでOKとなりました。

ただし、13日から18日まで夏休みとなるため、修理対応は19日以降になる、とのことでした。この手の製品は、そのような長期休暇中こそ必要性が高いため、代替品の送付はできないかと聞きましたが、さすがにそれは受け入れられませんでした。

なお、このような障害はIOデータ内では確認されていないとのことで、私の環境(光ルータPR-S300SEとの組み合わせ)でのみ起こっている可能性も否定できません。
しかし、このルータはかなり広く普及しているはずですし、単なる相性問題で片づけられる問題ではありません。

今のところ、他に私の今回の障害と同じ症状の報告はなさそうですが、常にネットワークが不通になるわけではなく、ルータが赤点滅したあとはリセットされて一時的に正常に戻るため、ネットワークで動画などを視聴しない限りは気が付かない場合があるかもしれません。

そんなに数は多くないと思いますが、もしもTS-WLCAMのファームウェアをVer1.03に更新してしまった方は、一度ネットワークの状態を確認してみた方が良いと思います。
もしもちょっとでもおかしいと感じたら、すぐに当該製品の電源を抜いて、IOデータのサポートセンターに連絡してください。

最後になりますが、今回の件につきましてIOデータの対応は非常に迅速で、結果的には適切な対応をしていただいたと思います。
今後も同社の製品を愛用していくつもりです。また、長時間に渡って電話口で応対していただいた、サポートセンターのSさんに感謝いたします。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。