So-net無料ブログ作成
検索選択
パソコン ブログトップ
前の10件 | -

ヤケ買い祭り [パソコン]

昨年末からこれまでに、PC関連の特価品・中古品を中心に買い漁り、大きく散財してしまいました。ストレス買いといいますか、ヤケ買いみたいなものですが、どれだけ有意義な買い物だったかについては疑問です。

以下に、それらの購入リストを記します。なお、個々の製品のレビューについては、全てではありませんが、後日示していきたいと思います。もしもご要望がありましたら、優先的に使用感などを述べたいと思います。

なお、価格は購入価格ですが、ポイント等による値引き分は含みません。また、「+」以降の価格がある場合は、送料・手数料を表します。ない場合は、送料無料ということです。


2011/12/29 アイオープラザ楽天市場店
 IODATA 液晶ディスプレイ LCD-AD178GEW-P ユーズド・アイテム
  ¥4,040+¥900

I-O DATA 硬化ガラス製フィルター付き 17型スクエア液晶ディスプレイ LCD-AD178GEW-P

I-O DATA 硬化ガラス製フィルター付き 17型スクエア液晶ディスプレイ LCD-AD178GEW-P

  • 出版社/メーカー: アイ・オー・データ
  • メディア: Personal Computers


 スクエア液晶ディスプレイでは珍しいHDCP対応です。著作権保護された映像コンテンツの再生に役立っています。画質は非常に良好です。先着販売で何故か最後まで売れ残っていたので購入しました。

2012/01/04 ソースネクストeSHOP
 2012新春ダウンロード福袋(マルチメディアソフト):下記10本セット
  ¥10,000
 ソースネクスト B's 動画レコーダー ダウンロード版

ソースネクスト B's 動画レコーダー [ダウンロード]

ソースネクスト B's 動画レコーダー [ダウンロード]

  • 出版社/メーカー: ソースネクスト
  • メディア: Software Download


 音満タン Premium ダウンロード版

音満タン PREMIUM

音満タン PREMIUM

  • 出版社/メーカー: ソースネクスト
  • メディア: DVD-ROM


 いきなり高音質2 ダウンロード版

いきなり高音質 2 [ダウンロード]

いきなり高音質 2 [ダウンロード]

  • 出版社/メーカー: ソースネクスト
  • メディア: Software Download


 B's 動画 on TV ダウンロード版

B's 動画 on TV [ダウンロード]

B's 動画 on TV [ダウンロード]

  • 出版社/メーカー: ソースネクスト
  • メディア: Software Download


 ソースネクスト B's Recorder 11 ダウンロード版

ソースネクスト B's Recorder 11 [ダウンロード]

ソースネクスト B's Recorder 11 [ダウンロード]

  • 出版社/メーカー: ソースネクスト
  • メディア: Software Download


 iPod selection アナログ録音 ダウンロード版

iPod selection アナログ録音 (説明扉付スリムパッケージ版)

iPod selection アナログ録音 (説明扉付スリムパッケージ版)

  • 出版社/メーカー: ソースネクスト
  • メディア: CD-ROM


 PowerDirector EXPERT 2 ダウンロード版

PowerDirector EXPERT 2  [ダウンロード]

PowerDirector EXPERT 2 [ダウンロード]

  • 出版社/メーカー: ソースネクスト
  • メディア: Software Download


 PowerConverter ダウンロード版

PowerConverter [ダウンロード]

PowerConverter [ダウンロード]

  • 出版社/メーカー: ソースネクスト
  • メディア: Software Download


 モバイル動画 iPhone・iPad対応版 ダウンロード版

モバイル動画 iPhone・iPad対応版 [ダウンロード]

モバイル動画 iPhone・iPad対応版 [ダウンロード]

  • 出版社/メーカー: ソースネクスト
  • メディア: Software Download


 PowerDVD EXPERT 4 ダウンロード版

PowerDVD EXPERT 4   [ダウンロード]

PowerDVD EXPERT 4 [ダウンロード]

  • 出版社/メーカー: ソースネクスト
  • メディア: Software Download



 以上の10本を製品登録することで4,520マイルも溜まりました。その内の3,880マイルを使って、本日、驚速 for Windowsをダウンロードしました。

ソースネクスト 驚速 for Windows 新価格 [ダウンロード]

ソースネクスト 驚速 for Windows 新価格 [ダウンロード]

  • 出版社/メーカー: ソースネクスト
  • メディア: Software Download


 これは、XP、VISTA、7対応で、3台分のライセンスがあります。とりあえずGatewayPC(VISTA)とG31MX(XP)にインストールしましたが、いずれもインストールが正常終了しませんでした。ただし、再起動後は正常にインストールできていました。高速化の効果はそれなりに感じられます。

2012/01/05 ソースネクストeSHOP
 ガイアチャンネル ~3D地球儀で眺める世界史~ ダウンロード版
  ¥1,980
 様々な地名などが表示されますが、解説がない場合がほとんどです。

2012/01/12 アイオープラザ
 IODATA 無線LANルータ WN-G300DGR ユーズド・アイテム
  ¥2,960+¥750

I-O DATA net.USB機能搭載 IEEE802.11n準拠無線LAN Gigabitルーター WN-G300DGR

I-O DATA net.USB機能搭載 IEEE802.11n準拠無線LAN Gigabitルーター WN-G300DGR

  • 出版社/メーカー: アイ・オー・データ
  • メディア: Personal Computers


 光ルータを外に持ち出しても、家で無線LANが使えるようにするために購入しました。無競争での落札です。

2012/01/16 アイオープラザ
 挑戦者「RockDisk」用 2.5インチハードディスク対応マウンタ
  ¥500
 数量限定アイテムにつき、将来を見据えて速攻注文しました。

2012/01/20 アイオープラザ楽天市場店
 IODATA ビデオキャプチャ GV-MVP/XZ2 ユーズド・アイテム
  ¥5,730+¥900

I-O DATA 地上・BS・110度CSデジタル対応TVキャプチャーBOX USBモデル GV-MVP/XZ2

I-O DATA 地上・BS・110度CSデジタル対応TVキャプチャーBOX USBモデル GV-MVP/XZ2

  • 出版社/メーカー: アイ・オー・データ
  • メディア: Personal Computers


 ユーズド品オークションの即決価格でようやく購入できました。

2012/01/21 ヤマダ電機長岡店
 日本アンテナ 2分配器 FPD-772-SP
  ¥860

日本アンテナ プラグ差し込み型2分配器 FPD-772-SP

日本アンテナ プラグ差し込み型2分配器 FPD-772-SP

  • 出版社/メーカー: 日本アンテナ
  • メディア: エレクトロニクス


 GV-MVP/XZ2にアンテナ分岐するために購入しました。

2012/01/21 ヤマダ電機長岡店
 ELECOM USBハブ U2H-YS4BBK
  ¥930

ELECOM USB2.0HUB 個別スイッチ付 バスパワー シール付 4ポート ブラック U2H-YS4BBK

ELECOM USB2.0HUB 個別スイッチ付 バスパワー シール付 4ポート ブラック U2H-YS4BBK

  • 出版社/メーカー: エレコム
  • メディア: Personal Computers


 何となくついで買いです。

2012/01/26 イーフロンティアストア
 レッドファクション:ゲリラ日本語版
  ¥980

レッドファクション:ゲリラ 日本語版

レッドファクション:ゲリラ 日本語版

  • 出版社/メーカー: イーフロンティア
  • メディア: DVD


 面白そう&安かったので購入。まだ遊んでいません。

2012/01/28 ハンファ・ジャパン楽天市場店
 ネットワークメディアプレーヤー Xtreamer SideWinder2
  ¥9,480



 ネットで偶然見つけて仕様に惚れ込み購入しました。癖が強いですがコストパフォーマンスは最高だと思います。

2012/01/28 ハンファ・ジャパン楽天市場店
 1:2アンテナ分配器 UMA-ATB01×3
  ¥540(@¥180)

Hanwha アンテナ分配器 [2分配 1:2] BS/CS/地上波(VHF/UHF) 地デジ対応 UMA-ATB01

Hanwha アンテナ分配器 [2分配 1:2] BS/CS/地上波(VHF/UHF) 地デジ対応 UMA-ATB01

  • 出版社/メーカー: ハンファ・ジャパン株式会社
  • メディア:


 送料無料(合計1万円以上で無料)にするための帳尻合わせとして購入しました。それなりに重宝しています。

2012/01/29 ジョーシン長岡古正寺店
 デジ造Radio版Ⅱ PCA-RCU2
  ¥980

プリンストンテクノロジー USBラジオチューナー デジ造ラジオ版II PCA-RCU2

プリンストンテクノロジー USBラジオチューナー デジ造ラジオ版II PCA-RCU2

  • 出版社/メーカー: プリンストンテクノロジー
  • メディア: Personal Computers


 格安につき購入。FM放送をタイマー録音しています。

2012/01/30 楽天ブックス
 ELECOM 500GBポータブルHDD LACIE rikiki USB 2.0 LCH-RK500U2
  ¥5,480

LaCie USB2.0対応2.5インチ外付ポータブルHDD rikikiシリーズ 500GB LCH-RK500U2

LaCie USB2.0対応2.5インチ外付ポータブルHDD rikikiシリーズ 500GB LCH-RK500U2

  • 出版社/メーカー: ラシー
  • メディア: Personal Computers


 分解してXtreamerに内蔵するために購入。ちょっと割高だったかもしれません。

2012/02/04 PC DEPOT 長岡店
 ELECOM USBスピーカ MS-UP201BK
  ¥497

ELECOM マルチメディアスピーカ USB電源タイプ 0.5W(ブラック) MS-UP201BK

ELECOM マルチメディアスピーカ USB電源タイプ 0.5W(ブラック) MS-UP201BK

  • 出版社/メーカー: エレコム
  • メディア: Personal Computers


 安かったこともあり、Xtreamerの音声再生用に購入。今はOptiPlexで使用しています。

2012/02/04 ジョーシン長岡古正寺店
 BUFFALO 電源・スイッチ付USBハブ BSH4A02SV
  ¥1,984

BUFFALO USB2.0Hub セルフ&バスパワー 4ポート 個別スイッチ付 シルバー BSH4A02SV

BUFFALO USB2.0Hub セルフ&バスパワー 4ポート 個別スイッチ付 シルバー BSH4A02SV

  • 出版社/メーカー: バッファローコクヨサプライ
  • メディア: Personal Computers


 USBスピーカーやライトの電源管理用に購入。

2012/02/04 ジョーシン長岡古正寺店
 ELECOM 5ポート Gbitスイッチングハブ LAN-GSW05/PHB
  ¥1,984



 ポート不足解消のため購入。これで光ルータの有線ポート全てに、ギガビットハブがつながりました。

2012/02/09 アイオープラザ
 IODATA 1TBポータブルHDD HDPC-AU1.0KBユーズド・アイテム
  ¥6,680+¥750



 Xtreamerの外部ドライブ用として購入。DVDのISOファイルを保存しています。

2012/02/10 ジョーシン長岡古正寺店
 ELECOM LED USB Light LEC-USB1N02
  ¥1,480

ELECOM 高照度USBLEDライト USB延長ポート付き ブラック LEC-USB1N02BK

ELECOM 高照度USBLEDライト USB延長ポート付き ブラック LEC-USB1N02BK

  • 出版社/メーカー: エレコム
  • メディア: Personal Computers


 元々は必要に迫られての購入でしたが、買った直後に用済みになりました。今はパソコン周りの非常灯として利用しています。

2012/02/11 ドン・キホーテ長岡インター店
 imation 500GBポータブルHDD APOLLO-Expert
  ¥3,980

imation ポータブルHDD 500GB Apollo Expert シルバー 5年保証 PHDD-AE500GBSL

imation ポータブルHDD 500GB Apollo Expert シルバー 5年保証 PHDD-AE500GBSL

  • 出版社/メーカー: イメーション
  • メディア: Personal Computers


 ISOファイルの増加を見込んで購入。家電御贔屓カード利用2千円引きでの価格です。

2012/02/12 ハードオフ長岡古正寺店
 ASUS グラフィックボード ENGT240 GDDR5
  ¥3,150
 安かったので購入。G31MXのGeForce8600GTと入れ替え。それまで気になっていた地デジ録画再生時の引っ掛かりが解消しました。

2012/02/16 Amazon
 サンコー 4軸式デュアルモニタースタンド MARMGUS22V
  ¥5,599

サンコ- 4軸式デュアルモニタースタンド MARMGUS22V

サンコ- 4軸式デュアルモニタースタンド MARMGUS22V

  • 出版社/メーカー: サンコー
  • メディア: Personal Computers


 2台のLCD-MF223XSBRを縦に並べて設置するために購入。頑丈で自由度も高く良い製品です。

2012/02/16 Amazon
 32型~52型テレビ対応 高さ無段階調整 スライド式薄型テレビ用ラック
  ¥3,873

【32型~52型テレビ対応】高さ無段階調整 スライド式薄型テレビ用ラック

【32型~52型テレビ対応】高さ無段階調整 スライド式薄型テレビ用ラック

  • 出版社/メーカー: マリン商事
  • メディア: ホーム&キッチン


 ついでに居間の32インチWooo用に購入。サイズもぴったりで、これでテレビ上部の空間が生かせます。

2012/02/17 アイオープラザ楽天市場店
 IODATA 液晶ディスプレイ LCD-MF223XSBR ユーズド・アイテム
  ¥7,530+¥900

I-O DATA 超解像技術搭載フルHD21.5型ワイド液晶ディスプレイ LCD-MF223XSBR

I-O DATA 超解像技術搭載フルHD21.5型ワイド液晶ディスプレイ LCD-MF223XSBR

  • 出版社/メーカー: アイ・オー・データ
  • メディア: Personal Computers


 駄目元でオークション開始価格で入札したら落札してしまいました。最初は設置場所に困りましたが、デュアルモニタースタンドの購入で何とかなりました。主に動画再生に用いていますが、各パソコンをつないで画面を表示できるようにもしています。

2012/02/20 Amazon
 HORIC ハイスピードHDMIケーブル 1.5m HDM15-894RD ×2本
  ¥1,018(@¥509)



 XtreamerなどをLCD-MF223XSBRにつなぐために購入。ほぼ最安値だと思います。

2012/02/22 Amazon
 オーム電機 HDMI 4ポートセレクタ クロ AV-S0277 05-0277
  ¥2,419

オーム電機 HDMI 4ポートセレクタ― クロ AV-S0277 05-0277

オーム電機 HDMI 4ポートセレクタ― クロ AV-S0277 05-0277

  • 出版社/メーカー: オーム電機
  • メディア: エレクトロニクス


 AV-LS700をLCD-MF223XSBRに接続するために購入。このセレクタが一番気に入っています。ドンキでは1,980円で売られていましたが、在庫がない可能性があるため下記ケーブルの購入ついでに注文しました。

2012/02/22 Amazon
 Amazonベーシック HDMI-DVI アダプターケーブル 3.0m
  ¥806

Amazonベーシック HDMI-DVI アダプターケーブル 3.0m

Amazonベーシック HDMI-DVI アダプターケーブル 3.0m

  • 出版社/メーカー: AmazonBasics
  • メディア: エレクトロニクス


 LCD-MF223XSBRのDVI入力にHDMI出力をつなぐために購入。G31MXおよびeMachinesのHDMI出力をHDMIセレクタにつなぎ、その出力をLCD-MF223XSBRのDVI入力につないでいます。最初はDVIセレクタを探していたのですが、ほとんど売られていないかあっても高価だったため、HDMIから変換するようにしました。

2012/02/22 Amazon
 Amazonベーシック high speed Ethernet対応 HDMIケーブル 2.0m×2本
  ¥1,404(@¥702)

Amazonベーシック high speed Ethernet対応 HDMIケーブル 2.0m

Amazonベーシック high speed Ethernet対応 HDMIケーブル 2.0m

  • 出版社/メーカー: AmazonBasics
  • メディア: エレクトロニクス


 上記パソコン接続用のケーブルです。最安ではありませんが、品質重視で購入しました。

2012/02/23 アイオープラザ
 IODATA メディアプレーヤー AV-LS700 ユーズド・アイテム
  ¥6,590+¥750

I-O DATA DTCP-IP対応ネットワークメディアプレーヤー「AVeL Link Player」 AV-LS700

I-O DATA DTCP-IP対応ネットワークメディアプレーヤー「AVeL Link Player」 AV-LS700

  • 出版社/メーカー: アイ・オー・データ
  • メディア: Personal Computers


 ユーズド品抽選販売でよもやの当選です。LS-500LEと比べて動画再生が非常に安定しています。Woooの録画番組も、きちんと一時停止できますし、早送りなども問題ありません。良い買い物でした。

2012/02/23 アイオープラザ
 IODATA ビデオキャプチャ GV-MVP/XZ2 ユーズド・アイテム
  ¥4,530+¥750
 ユーズド品抽選販売でよもやの当選です。これで2台目であり、当面打ち止めです。現在のFXによる録画ファイルを全て観終わったら、XZ2と入れ替える予定です。

2012/02/23 アイオープラザ
 IODATA 液晶ディスプレイ LCD-AD178GEW-P ユーズド・アイテム
  ¥3,830+¥750
 これもよもやの当選でした。といっても、2台出品に対して申し込みが2人。その時点で当選確実でした。非常に良い製品だと思うんですが、既にスクエア液晶の時代ではないということなんでしょうか。でも、HDCP対応でこの値段です。これで、中央に2台のLCD-MF223XSBR、その左右にLCD-AD178GEW-Pという構成になりました。

2012/02/23 ソースネクストeSHOP
 A列車で行こう7 完全版 CD-ROM版
  ¥2,580

A列車で行こう7 完全版

A列車で行こう7 完全版

  • 出版社/メーカー: ソースネクスト
  • メディア: CD-ROM


 安かったので購入。「A列車で行こう」は、Ⅲくらいまではまっていました。懐かしさに惹かれての購入です。ただし、まだインストールしていませんが。


以上の総計
  ¥104,394+¥6,450=¥110,844

ディスカウント率で見ればかなりお得なんでしょうが、ちょっと散財し過ぎでした。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

外付けHDD用ドライブユニットの流用 [パソコン]

G31MXのバックアップ用に1.5TBのHDDを探しているのですが、なかなか手頃な価格のものを見つけることができません。先日、IOデータのユーズド品抽選オークションで、1.5TB外付けHDDに入札したのですが、残念ながら外れてしまいました。

そんな折、ヤマダ電機で2TB外付けHDD(FREECOM HARD DRIVE CLASSIC II 35423)が6,980円で販売されることが分かり、土曜日の朝一で30分ほど並び、何とか手に入れることができました。
販売台数は8台程度だったようですが、開店後しばらくしてもまだ3台ほど残っていました。



雪のちらつく中、寒い思いをして30分も並ばなくても、結局入手できたわけですが、まあ、それは結果論です。
これがPCデポだと、多分開店とほぼ同時に無くなっていたんだろうと思います。

ちなみに、その帰りにドンキに寄ったのですが、先週購入した3,980円の500GBポータブルHDD(imation APOLLO-Expert)は、まだ8台も残っていました。
新たに入庫した気配はありませんでしたので、結局、この1週間ほどで1台程しか売れなかった事になります。これも多分、PCデポにあればあっという間に完売しているんでしょう。

imation ポータブルHDD 500GB Apollo Expert シルバー 5年保証 PHDD-AE500GBSL

imation ポータブルHDD 500GB Apollo Expert シルバー 5年保証 PHDD-AE500GBSL

  • 出版社/メーカー: イメーション
  • メディア: Personal Computers


本題に戻りますが、家に帰って早速、購入したHDDをパソコンにつなぎCrystalDiskInfoで状態をチェックしたところ、全く問題ありませんでした。
ちなみに、内蔵されているHDDはSeagate ST2000DL003-9VT166でした。これはAmazonで12千円弱で売られているものです(価格コムでは最安で1万円弱です)。

Seagate Barracuda Green 3.5inch 2TB 64MB 5900rpm SATA6.0Gb/s ST2000DL003

Seagate Barracuda Green 3.5inch 2TB 64MB 5900rpm SATA6.0Gb/s ST2000DL003

  • 出版社/メーカー: Seagate
  • メディア: Personal Computers


初期不良がないことを確認した上で、取り敢えずユーティリテイソフトをバックアップし、NTFSで再フォーマットします。
その後、再び動作確認を行なった上で、いよいよ内蔵HDDの取り出しにかかりました。

なお、取り出したHDDはそのままRockDiskに載せ替え、RockDiskで使っている1.5TBのHDDを、G31MXのバックアップ用に戻すことにしました。
元々このHDDはG31MXのバックアップに使っていたものなので、単に元に戻すというだけです。

さて、FREECOMの分解ですが、これがなかなか難儀しました。まず、底面にある滑り止めゴムシートを剥がしてネジの有無を確認しましたが、見つかりません。
続いて、やはり底面にある2箇所の長円形のシールを剥がしたところ、ようやくネジがありました。

これを外して、カバーの隙間の溝にマイナスドライバーをねじ込み、こじ開けるようにしましたが、ビクともしません。
側面に貼ってある封印シールを剥がしてもみましたが(これで完全に無保証状態になりました)、もちろん何も変わりません。

この時、ケースの底面側の溝にマイナスドライバーをねじ込んでいたのですが、じつはこれはダミーであることが分かりました。
実際にはケースの上面側が外れるようになっていました。

ケースを上から掴むように持ち、左(右)にずらすように力を加えると、片側のフックが外れます。後は力任せにドライブ前面側を持ち上げると、ようやくケースを開くことができました。
しかし、ドライブはケース内にピッタリと収まっており、HDDをスライドさせるような隙間は僅かしかありません。

基板やコネクタが割れないかちょっと怖かったのですが、HDD側を下にしてケースを持ち上げるようにすると、HDDの前面がケースの外側にはみ出したので、そのままケース前面方向にスライドさせることで、ようやくHDDを取り出すことができました。

ちなみに、ケース底部のHDD固定用の2本のネジを外さなくても、ケースを開けることが出来るのではないかと思ったのですが、実際にはHDDと下部ケースの隙間に上部ケースの突起が勘合する構造になっているようで、ネジを外してHDDが動くようにしてやらないと、うまくいきませんでした。

続いてRockDiskのケースを開けてHDDを取り出し、FREECOMから取り外したHDDをセットしました。ケースを元に戻し、LANケーブルと電源ケーブルをつなぎ、スイッチを入れたところ、赤色点灯・緑色点滅の状態から抜け出せません。もちろん、LANからのアクセスも駄目です。

赤色点滅の場合は、何らかの異常だと分かるのですが、上記の状態はマニュアルにも記載されていません。
ひょっとして、ドライブを交換する場合は、RockDiskを初期化しなければならないのかもと考え、一旦元のHDDに戻して初期化した後、再び新しいHDDをセットしましたがやはり駄目です。

まさかHDDの故障かもと思い、USBでパソコンに接続してみると、きちんと認識されますし、動作にも異常は見られません。
どうしたものかと思いましたが、取り敢えず元のHDDをFREECOMのケースにセットし、パソコンにつないでみると、何やらconfigファイルが存在します。

そこで、RockDiskにセットした新しいHDDをexFAT(FAT64)で再フォーマットした後、元のHDDのルートにあるフォルダやファイルをUSB経由でコピーし、再びLANにつないだところ、ようやくLEDが緑色点灯に代わりました。

これでやれやれと思ったのも束の間、そう言えばRockDiskの設定を初期化していたことを思い出し、再設定を行ないました。
以前の状態を詳しく控えていなかったため、思い出しながらの作業だったので、トライ&エラーでかなり手間取ってしまいました。

今から思えば、初期化する必要なんてなかったのかもしれませんが、時すでに遅しです。
それにしても、HDD交換でアクセス不能になるなんて、予想だにしていませんでした。これが私の環境だけなのか、製品の不具合なのかは分かりませんが、後者であった場合は、早急に改善して欲しいところです。ちょっと普通では考えられない状態です。

その後、再びパソコンにUSB接続し、FREECOMにセットした元のHDDのファイルを、RockDisk内の新しいHDDに一昼夜かけてコピーしました。
コピー完了後、再びLAN接続にもどし、各ファイルにアクセスできるかどうか確認しましたが、やはり設定ミスがあり、何度か手直しを行なって、ようやく元通りになりました。

その後、WebDAVに3G経由でアクセスできない、という問題が見つかりましたが、RockDiskを再起動したら、あっけなく解消しました。
何はともあれ、これでようやく元の環境(ただしHDD容量は1.5TB⇒2TB)に戻すことができました。

続いて、G31MXで地デジ録画用に用いている3.5"HDDを、2.5"HDDに交換しようと、ドンキで購入したポータブルHDDをバラそうとしましたが、どうやってもケースを開けることができません。
ネジは使っていないし、ケースに嵌合部らしきものはあるのですが、マイナスドライバーでこじ開けようとするとケースが欠けてしまいます。

それ以上やると取り返しのつかない事態になりそうだったので、そのHDDの中身を取り出すことは諦め、他のパソコンで使用中のIOデータ製ポータブルHDD(HDPS-U500)の内容をコピーし、それと交換しました。そして、IOデータ製HDDを分解し(これは簡単にできます)、中のドライブユニットを取り出して、G31MXの地デジ録画用にしました。

I-O DATA USB 2.0/1.1対応ポータブルハードディスク 500GB(ブラック) HDPS-U500(K)

I-O DATA USB 2.0/1.1対応ポータブルハードディスク 500GB(ブラック) HDPS-U500(K)

  • 出版社/メーカー: アイ・オー・データ
  • メディア: Personal Computers


以前述べたと思いますが、G31MXで地デジ録画用に使っていた3.5"HDDには不良セクタがあり、その所為で時々録画データが壊れてしまいます。
年末年始を控えて録画回数の増加が見込まれるため、この機会に交換に踏み切った次第です。

交換前に録画情報のバックアップを行なったのですが、録画ファイルのいくつかが壊れていてそれらの番組を移動できないなどのトラブルに見舞われ、それでもなんとかリストアしてようやく新しいHDDにファイルを移動したと思ったのも束の間、mAgicガイドを開くと番組が2つずつ登録されています。

その時点でどちらの番組も再生できたのですが、ひょっとしてリストアでミスったかなと思い、再度リストアを行なったら、今度は番組の再生ができなくなってしまいました。
よくよく考えてみると、その時点でG31MXには新しいHDDと、そして元のHDDがつながっていたわけで、番組が2重に表示されるのは当たり前のことでした。

しかし、時すでに遅く、リストアを2回行なってしまったために管理情報の不整合が生じ、録画した番組が全く再生できなくなってしまったわけです。
まあ、優先度の高い番組は他のパソコンやWoooで録画していましたので、すぐに諦めもついたのですが、それにしてもちょっと油断していました。

結局、リストアを重複して行なうと録画データが再生できなくなるわけで、うっかりミスをなくすために、録画情報のバックアップデータが残っている場合は、リストアが済んだらすぐに削除しておいた方が良さそうです。というか、リストアした時点で自動的に削除して欲しいところです。

なお、2.5"HDDは3.5"変換アダプタを付けてOwltech製モービルラックにセットし、それをG31MXに装着して使用しています。
元の3.5"HDDはFREECOMのケースにセットし、USBでG31MXにつないでデータをコピーしました。このケースは、今後何かと重宝しそうです。

今回の一連の作業は、普通だったら何でもないものを、私のミスもあって非常に面倒なものになってしまいました。
まあ、今後同様の事態が生じた際には、今回の内容を教訓にして、もう少しすんなり行くのではないかと思います。

最後に、外付けHDDの分解は危険な行為であり、その後の製品保証が一切受けられなくなります。また、分解作業中にHDDを壊してしまう可能性もあります。
どうしてもドライブユニット本体が必要な場合のみ、自己責任において実行するようにして下さい。もちろん私は一切の責任を負いません。

nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

緊急お得情報 [パソコン]

新潟県長岡市に1週間前にオープンしたドン・キホーテで、500GBポータブルHDDが3,980円で売られていました。
imation製APOLLO-Expert(PHDD-AE500GBSL)で、Amazonでは8千円強で売られてるものです。

これは広告にも載っておらず、家電売場の奥の方でひっそりと売られていました。台数は全部で10台程度。内1台を、昨日私が購入しました。
動作はもちろん問題ありません。内蔵しているHDDは、東芝製でした。

もしも長岡市近郊にお住まいで、500GB程度のポータブルHDDが必要な方は、今日にでも買いに行かれたらいかがでしょうか。
私ももう少し買おうかとも思ったのですが、沢山あっても当面使う予定がありませんので、とりあえず1台だけに留めました。

以上、取り急ぎご報告まで(購入された方は、コメントでもいただけるとありがたいです)。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

HDDにおける不良セクタ [パソコン]

先日、IOデータのユーズド品オークションで、2TB外付けHDD(HDCA-U2.0W)をゲットしました。今回は抽選販売で、どうせ外れるだろうと、黒モデルと白モデル両方に申し込んだところ、白モデルに当選しました。最終的な倍率は8倍程度で、私にとっては当選は奇跡的です。

価格は、310円分のポイント使用で送料含め7,980円と、けして安くはなかったのですが、HDD価格高騰のこのご時世では、まあこんなものかなという感じです。
ちなみに、同製品は以前もユーズド品を購入(この時は先着当選)したのですが、今回はその時よりも千円程度高く付いています。

また、前回、USB3.0ポータブルHDD(750GB)のユーズド品購入で、初期不良品を掴んでしまうという不運があったため、今回の購入申し込みについてはちょっと躊躇もあったのですが、逆に言えば、不良セクタが1個でもあったら初期不良として修理してもらえる可能性が高まった、と考えることもできる訳で、駄目元で申し込みました。

結果的に、製品そのものに全く問題はなく、HDDの起動回数もわずかに13回と、ほとんど新古品と言える状態でした。
まあ、IOデータのユーズド品の場合、今までの経験上、程度そのものは非常に良好な場合が多いように思います。

ちょっと前に、GV-MVP/FZのB級ユーズド品を送料含め2,740円で落札したのですが、付属品は全て揃っており、しかもB-CASカードは未開封品でした。
B級ユーズド品と言ってもいわゆるジャンクではなく、「付属品欠品」と書かれていても、動作に必要な最低限の付属品(その製品固有のもの)はきちんと付いてくるようです。

ところで、HDDにおいて不良セクタ(代替処理済み及び同保留中)が一つでもあると、そのドライブはその後急激に不良セクタが増加する場合が多いようです。
少なくとも私は、不良セクタが発生したドライブで、その後急激に増加し、駄目になった(なりつつある)HDDが3台あります。

不良セクタの発生は最初は1個程度なのですが、その後チェックディスクを実行すると、一気に増加する場合がほとんどです。
すなわち、不良セクタが発生した時点で、もうそのHDDに大切なデータを保存することは避けて、直ちにバックアップを取る必要があります。

今のHDDがどのようになっているのかは分かりませんが、少なくとも10年前の時点では、ディスククラッシュは致命傷でした。
それは、磁気ヘッドの浮上量が極めて低いが故に、クラッシュによって生じた塵埃が次のクラッシュを引き起こしやすくなるためです。

現在出荷されているHDDは恐らく全て、初期状態における不良セクタはありません。これは、ディスク上に何ら欠陥がない、という訳ではありません。
ディスクの欠陥はけして無くすことはできないのですが、そのような欠陥があるセクタは出荷前に全て代替処理していると思われます。

そして、そうやって隔離した不良セクタの情報は、通常私たちが目にすることはできません。では、その不良セクタと製品使用後に生じる不良セクタとは、何が違うというのでしょうか?
実は出荷前に存在する不良セクタは、ディスクの欠陥(ピンホール)であったり、磁性体の塗布ムラであったりするわけです。

そのような欠陥は、通常それ以上増殖することはありません。そのため、私たちは代替セクタ処理されたHDDを、安心して使うことができるのです。
その欠陥の上を磁気ヘッドが通過したとしても、情報を読み書きできないだけで、クラッシュしたりすることは通常あり得ません。

一方、製品使用後に生じる不良セクタは、一般にディスククラッシュによって発生じます。この場合、ディスクおよび磁気ヘッドの両方にダメージが残ると共に、場合によっては磁気ヘッドがディスク表面を削り、塵埃が発生します。

一度このような状況になると、磁気ヘッドが塵埃の上を通過する度に、再びクラッシュを生じさせる危険性が増大します。
一度発生した塵埃は取り除くことができませんから、雪玉が斜面を転がり落ちるように、塵埃の総量は増加し、クラッシュ確率は急騰します。

このような理由で、不良セクタが一つでもあると、その後一気に不良セクタが増加したり、あるいはそのような状況でチェックディスクを行なうと、不良セクタが大量発生するのだと考えられます。いずれにしましても、不良セクタが1個でも発生したら、近いうちにそのHDDは寿命を迎えるということです。


追記

ちなみに、今回購入した外付けHDDは、NAS(HDL-S2.0)の増設ドライブのバックアップに用いるつもりです。これで、4TBのdlnaビデオ配信環境と、そのバックアップ環境が整いました。

nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ロックディスクの使用感 [パソコン]

ロックディスクへのデータコピーがようやく終了しました。約800GBのデータ転送に掛かった時間は、何と3日半近く。単純計算で、平均2.6MB/s程度になります。
ただし、これは必ずしもロックディスクが原因と言う訳ではなく、私のネットワーク環境に問題があると思われます。

転送速度そのものは、パソコンとネットワークドライブ間の場合とさほど変わりありません。この問題については、随分以前にもコラムで取り上げたことがありますが、未だ解決していません(というかほとんど対策を検討したことがありません)。

ネットワークに接続している機器が膨大で、しかもコピー元のパソコン(G31MX)からロックディスクまでの間に、ルータを含めてハブが3台も入っています(G31MX→ハブ→光ルータ→ハブ→ロックディスク)。
一応全てギガビット対応ではありますが、速度が出なくて当たり前という感はあります。

ちなみに、G31MXと同一ハブにあるeMachines(Win7)から約1.8GBの映像ファイルをコピーした場合、転送速度は約14MB/sとなります。
また、同PCからやはり同一ハブにあるHDL-S2.0にコピーした場合で約9MB/s、その増設HDDにコピーした場合で約8MB/sです。

このことから、G31MXのネットワーク環境に問題がありそうなことと、そもそものファイルサイズの違いの影響等が考えられます。
また、ロックディスクそのものは、確かにHDL-Sシリーズよりも高速であることも、はっきり言えるかと思います。

さて、従来NASのHDL-Sシリーズでは、800GBもの大量のファイルをコピーすると、途中で必ずハングアップしていたのですが、少なくともロックディスクではそのようなことがありません。
そのため、通常ならばUSBで手っ取り早くコピーしてしまうところを、今回はあえて最後までLAN経由でコピーしてみたというわけです。

その結果、少なくとも途中でハングアップしなかったというだけでも、ロックディスクを購入して正解でした。
ただし、HDL-Sシリーズで見られた、ファイルのタイムスタンプがどうも変わってしまう場合がある、という現象に関しては同様でした。

そのため、バッチファイルでXCOPYにDオプションを付けても、同じファイルが何度も上書きされてしまうという問題が生じます。
もっとも、これについてはDオプションの後に日付を指定することで、ある程度は解消することができます。

続いて、ロックディスクのメディアサーバ機能ですが、IOデータの担当者によると、写真、音楽、映像それぞれについて、仕様上は最大10,000ファイルまで保存可能とのことです。
ただし、実用的にはそれぞれ5,000ファイル以内に留めておくことを推奨しています。

映像ならともかく、写真や音楽でそれぞれ5,000ファイルというのは、ちょっと少なすぎるように感じます。
少なくとも、私の環境では完全にオーバーしてしまいます。

結局、メディアサーバ機能については、HDL-S2.0のdlnaサーバのみを使用することとし、ロックディスクはパソコンデータのバックアップ専用で用いることにしました。
ただし、ロックディスクにはiPod等との連携機能が備わっているため、こちらの方は積極的に活用していくつもりです。

それについては、光ルータ(PR-S300SE)のポート開放設定など、ちょっと面倒な作業が伴いますので、日を改めてご報告いたします。
最後に、ロックディスクの最大の利点は、HDD故障時に自分で交換できることではないかと思います。それだけでも、安心感が格段に違ってきます。

他のNASがどうなっているのか知りませんが、もしもHDD故障時にメーカー修理ということになると、どれだけの費用が掛かるか分かったものではありません。
恐らく、多分確実に、新品を購入した方が安上がりになると思います。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ロックディスクに苦戦中 [パソコン]

今日は1日中、ロックディスクと格闘していました。何とか基本的な設定は終わったのですが、一部のパソコンからアクセスできない、などといった症状が出ています。いろいろといじってみたりしたのですが、まだ解決できていません。

ちなみに、G31MXのHDD容量は2TBではなく1.5TBでした。そのため、ロックディスクに搭載したHDDも1.5TBということになります。
まあ、当面はこれくらいの容量があれば十分かな、という気はします。

ドライブそのものは非常にコンパクトで、使い勝手も良さそうです。まだ、速度等の確認は行なっていませんが、ちょっとファイルをコピーしてみた感じでは、結構速そうです。
それらにつきましては、後日ご報告したいと思います。

また、ロックディスクにはdlnaサーバー機能はありませんが、メディアサーバー機能がありますので、dlnaクライアント機能のある機器から、ロックディスクの共有フォルダにアクセスすることができます。

そのため、Woooからもアクセス可能で、映像ファイルを視聴することができました。ただし、映像の長さ(録画時間)が表示されないという問題があるため、現行NASのdlnaサーバー経由と比較すると、使い勝手はやや劣ります。

現行NASを含めて、どのようなNAS環境を構築していくかについては、今後時間を掛けて検討していきたいと考えています。
ひとまず現時点では、初期不良がなかったことを確認した程度、ということになります。

簡単ですが、今日はこれで失礼いたします。転送速度などを含めた詳細な使用感につきましては、後日ご報告したいと思います。

nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

備えあって嬉しいな [パソコン]

IOデータに予約していたロックディスクが、今日届きました。これはいわゆるNASキットで、別途用意しておいたHDDを内蔵することにより、最大3TBまでのNASが構築出来るというものです。
価格は5,800円(送料込)ですが、500円分のクーポンと518円分のポイントがあったため、実質2割引きほどで購入できました。

さて、問題は内蔵するHDDですが、タイの洪水の影響でこのところ価格が高騰しています。今まで5~6千円で購入できた2TBのHDDが、今ではその倍以上したりします。
むしろ、2TB外付けHDDの方が安くなっており、そちらをバラして使用した方が安上がりです。

ただ、最近は外付け品も価格が上昇しつつあり、在庫処分が完了したら、一気に値上がりするのが見えています。
先日、2TB外付けHDDが、PCデポの特売で確か7,970円だったのですが、全国150台限定であったことと、用事のため開店前に行けなかったことなどで、それは諦めました。

取り敢えず、手元にある640GBのHDDで、ロックディスクの動作確認だけでもしておこうと思っていたのですが、そのまま使い始めて後で中身を入れ替えるのも面倒です。
と言うことで、G31MXのシステムバックアップに用いているWD製HDD(2TB)を流用することを考えています。

HDD価格が元に戻って新しいHDDを購入するまで、G31MXはバックアップ不在となりますが、まあ半年くらいは持ってくれるよう祈っています。
最悪、バックアップのない状態でHDDが故障したら、その時はWindows7を新しく入れるつもりです。

製品仕様を見る限り、ロックディスクは残念ながらdlnaには対応していませんので、現在使用しているNASのように、Wooo用の映像ファイルを入れることはできません。
そこで、パソコンデータのバックアップファイルをロックディスクに移し、現在使用中のNASを全てWooo用に用いることにしました。

こうすることで、最大4TB程度までの映像ファイルを、Woooに配信することができます。当分はこれだけの容量があれば十分だとは思いますが、アナログDVDレコーダーで録画編集したDVDを全てNASに移すとなると、ひょっとしたら4TBでも足りなくなるかもしれません。
まあ、容量については、使用量を見ながらその都度対応を検討していくつもりです。

HDD価格がこれほどまでに高騰するとは思いもよりませんでしたが、まあ、備えあれば憂いなし(備えあって嬉しいな)といったところでしょうか。
ポータブルHDDも(いい気になってオークションで落札したため)余っていますので、G31MXのシステムバックアップに関しては、最悪それを用いるという手もあります。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ちょっとした油断 [パソコン]

デュアルコアPC(以後G31MX)で、株式データのバックアップ専用に用いていたHDD(3.5"ドライブベイ内蔵500GB)が故障しました。
と言いましても、原因は私の不注意によるものです。

GatewayPC用のグラフィックボードを、GeForce8600GTから同GT430に載せ替えたのですが、余った8600GTをG31MXの8400GSと交換しようと、作業を始めました。
この時、うっかりパソコンの電源コードを抜かずに、ボードの交換を行なってしまったわけです。

グラフィックボードを交換し、パソコンのスイッチを入れたところ、電源が入らずウンともスンとも言いません。そこで初めて、電源コードを抜かずに作業していたことに気が付き、目の前が真っ暗になりました。

ひょっとしてマザーボードがやられてしまったかもしれないと思ったのですが、電源コードを抜いてしばらく放置した後、再びコードをつないで電源を入れたら、何とか起動することができました。どうやらマザーボードは無事のようです。

ところが、画面に何も表示されません。この時はちょっと気が動転していて、モニタケーブルをつなぎ忘れていたことに気が付きませんでした。
やはりマザーボードに何かあったのかと勘違いし、電源スイッチを長押ししてパソコンを強制終了してしまいました。

この時、結構大きな音でHDDが「カチン」と鳴ったのですが、今から思えばこの時に冒頭のHDDがクラッシュしたものと思われます。
その後モニタケーブルをつなぎ、パソコンのスイッチを入れたところ無事に起動したのですが、念のためCrystalDiskInfoでHDDの状態を確認したら、当該HDDが「注意」となっていました。

この時は、代替処理保留中のセクタ数が1個のみだったのですが、その後チェックディスクを実行したところ、一気に51個にまで増えてしまいました。
それでも代替処理が実際に行なわれたセクタはなかったため、騙し騙し使ってきたのですが、ついにデータバックアップ中に遅延書き込みエラーが生じるようになってしまったわけです。

こうなると、ちょっと回復は難しくなります。取り敢えず、現在はそのHDDを外している状態ですが、再フォーマットして状態が改善するかどうか、確認してみるつもりです。
まあ、データそのものは多重にバックアップしてありますので、現状、大きな支障はありません。

何にしましても、故障したのがシステムドライブでなくて本当に良かったというのが、率直な気持ちです。
もしもシステムドライブがやられたとしたら、いくらバックアップがあるとはいえ、時間的にも金銭的にも大きなダメージは避けられなかったことでしょう。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

テレキング:GV-MVP/FZの使用感 [パソコン]

現在、パソコンにおける地デジ録画に、IOデータのテレキング:GV-MVP/FZ(以下FZ)を2台用いています。ただし、これは2台同時使用はできない仕様になっていますので、ASPIRERとGatewayPCとにそれぞれ1台ずつ接続しています。

録画は基本的に10倍モードで行なっていますが、画質的には全く問題ありません。ほとんどのコンテンツは1回観たら消去してしまいますので、元々そんなに拘る必要もなかったのですが、予想以上の画質です。

もっとも、圧縮エンジンにPanasonicのチップを使っているようで、画質的にはDIGAと同程度ということなんでしょうか。
これだけの性能が、USBメモリ程度の大きさに収まっているなんて、ちょっと驚きです。

PCへの負荷も非常に小さく、地デジや録画番組を視聴する時はそれなりのCPU使用率(それでも10~20%程度です)になりますが、予約録画中はほとんど使用率が上がりません。
結局、その際のCPUの処理は、FZから転送されるデータの保存程度しかない、ということかと思います。そのため、本当に録画が行なわれているのか、不安になるくらいです。

さて、FZは価格なりにXZなどと比べると結構機能制限等があるのですが、それは割り切ってしまえば問題ありません。
それ以外でちょっと気になったことを、以下に記します。

まず、これが一番重大な問題ですが、複数のFZは同時使用できないにも関わらず、2台のパソコンがそれぞれの録画用フォルダをネットワークドライブとして共有している場合、それぞれのFZから両方の録画番組が見えてしまいます。

もちろん、録画したパソコンのドライブにない録画番組は、もう一方から見えていたとしても、再生することはできません。
しかも、視聴ソフトであるmAgicガイド上からは、両者の区別を付けることができません。

そのため、どちらのパソコンで録画されたかを認識しておかないと、録画番組を再生しようとしても、デバイスがないというエラーが出てしまう場合があります。
その場合は、もう一方のパソコンで再生すればいいのですが、前述しましたように、どちらのパソコンで録画したかは視聴ソフトからは一切分かりません。

結局のところ、録画したパソコン(ドライブ)を番組ごとに控えておくか、エクスプローラで録画ファイルを開いて、保存されている番組を確認するか、そうでなければ、2台のパソコン間の共有を解除するかしかありません。
結局、私はASPIREとGatewayPCとのネットワーク共有を解除するようにしました。

この問題は、視聴ソフトのちょっとした修正(例えば記録ドライブ名を表示する等)で容易に解決できるはずです。複数のパソコン間におけるネットワーク接続が、当たり前になって来ている現在において、仕様外・想定外では済まされない問題だと思います。
いっその事、2台同時録画にも対応してくれれば良いのですが。

もう一つの問題は、録画ファイルの削除に関するものです。録画ファイルの削除は、mAgicガイド上から行なうよう推奨されていますが、実はmAgicTVを開いた状態で、視聴直後のファイルを削除すると、ドライブ上のファイルは削除されません。

ドライブ上のファイルを一緒に削除する(これが本来の仕様です)ためには、視聴が終わる度にいちいちmAgicTVを閉じるか、後でまとめて(全視聴が終わってmAgicTVを閉じた後に)mAgicガイドから削除してやる必要があります。

最初はこのことが分からずに、削除したはずのファイルが残ってしまい混乱しました。この辺りの仕様は、不親切だと思います。
これも、直ちに改善して欲しい点です。

あと、ちょっとしたことですが、予約新規作成画面で録画時間の補正にチェックが入っていると、開始時間や終了時間の変更ができません。
これは私の理解不足だったわけですが、随分長い間悩んでしまいました。

以上、若干の苦言も呈しましたが、FZは非常にコストパフォーマンスの高い製品だと思います。特に、IOデータ・ユーズドアイテム・オークションを利用すれば、かなりの確率において市価の半値以下で入手することが可能です。

ユーズド品であってもHDDとは異なり、経時的にどうこうなるような製品ではありませんので、1万円前後もする新品を買う必要はないと、個人的には思っています。
もちろん、1年以内に故障した場合のリスクはあるでしょうが、それよりも性能や機能に満足しないリスクの方が大きいかと・・・(^_^;)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

NAS再構築 [パソコン]

一昼夜掛かって、ようやくNASへのデータ復元が完了しました。昨日のコラムで述べましたように、増設ドライブにdlna設定の映像ファイル、NAS本体のフォルダの一つにPCデータのバックアップを保存しています。

今朝、早速LANにつないで、動作確認を行ないました。最初、Woooで増設ドライブが認識されず、非常に焦りましたが、しばらく時間をおいたところ、無事認識することができました。
Wooo内の処理過程で、フォルダ構造の読み込みと設定に、しばらく時間が掛かっていたようです。

何はともあれ、これで増設ドライブ内の映像ファイルを、Woooで視聴できることが確認できました。NAS内のデータを再移動する羽目にならず、一安心です。
また、当然、NAS本体内のdlnaフォルダも、Woooから見ることができます。取り敢えず、現状環境で3TB程度までの映像ファイルを保存・視聴できるようになりました。

ところで、増設ドライブ内の映像ファイルをWoooで視聴できるということは、今後、NASの容量が足りなくなった時に、増設ドライブを入れ替えれば更にファイルを増やせるということです。
試したわけではありませんが、スイッチ付きUSBハブを用いれば、必要に応じて増設ドライブを使い分けることができるかも知れません。

もちろん、複数の増設ドライブを同時使用することはNASの仕様上できませんが、切り替えるだけなら問題ないはずです。対応HDDもバスパワー対応ではないため、ハブを用いても電流不足になる心配はないでしょう。
今度、機会がありましたら、試してみたいと思います。

話は変わりますが、GatewayPCにおけるGV-MVP/FZの予約録画は、問題なく機能しています。休止への移行や休止からの復帰も、今のところ大丈夫です。
予約データがASPIREと共通でないために、重複がないことを確認するのに苦労しますが、まあその内慣れるでしょう。

予約録画時に消費するCPU使用率は驚くほど低く、果たして本当に録画されているのかと疑うほどです。
これはハードウェアエンコードと圧縮録画のおかげでしょうか。何にしましても、今のところ細かな仕様や機能はともかくとして、録画性能には満足しています。

話が変わったついでに、紛失した嫁の携帯の件ですが、昨日の午後にドコモショップに行って手続きし、今日の午前中には交換機種が届きました。
しかし、回線のロックは解除できたものの、データ書き戻し用のロックが解除できず、結局今日もドコモショップに出向くことになりました。

その甲斐あって、最も重要なアドレスデータは無事復元し、使用面においては紛失前と変わらない状態に戻りました。
当初、言われるままに加入していたiコンツェルンですが、このおかげでサーバーにアドレスデータが残っていたようです。何はともあれ、一安心です。

まあ、写真などのデータや壁紙、ダウンロードデータなどは消えてしまいましたが、元々、嫁はそんなにハードな使い方をしていたわけではありませんので、大きな問題はないようです。
もっとも、私は今までずっとウィルコム(PHS)しか使ってきませんでしたので、一連の流れはよく分かりません。

今までの流れをざっと見てみると、紛失⇒捜査⇒ドコモショップへの届け出⇒回線停止⇒警察への届け出(ドコモショップ店頭から電話)⇒受理番号取得⇒保険会社への届け出(ドコモショップ店頭から電話)⇒再交付手続き完了、となります。

交換機種が届いた後は、ロック解除⇒初期設定⇒データ書き戻し⇒追加設定、といった感じですが、データ書き戻しの段階で、店頭に出向くか電話するかインターネットサイトに接続するかしないと、書き戻し用のロックを解除できないようになっています。

私は(嫁も)ドコモのことはさっぱり分かりませんので、前述しましたように、店頭に出向いてロックの解除とデータの書き戻しをしてもらったわけです。
なお、今回は幸いにも月々399円のプレミアムクラブと、同105円のiコンツェルンを契約していたために最小限の被害で済みましたが、そうでない場合はかなり大変だったと思います。

ちなみに、後で紛失した携帯が見つかった場合は、代替機種送付時に同梱される返送用封筒に入れてポストに投函すればOKです。
むやみに時間を掛けて探して被害を拡大するよりは、早めに届け出た方が良さそうです。

nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の10件 | - パソコン ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。